化学車

化-Ⅰ

5t車級シャシーをベースに水槽と薬液槽を装備した消防自動車。
化学消防自動車は、その機能(水槽及び薬液槽の容量及び薬液混合の方式)により型式が区分されます。
油火災や化学火災等の水では消火できない火災に使用する車輌。
化-I型及びII型はシャシーが小型であるため、市街地での化学火災に威力を発揮します。

左右1
スペック A2級バランスタービンポンプ
ホイールベース短縮 3,280mm
1500リットル水槽、 300リットル薬液槽(B火災消火薬剤)
泡自動混合システム(A泡消火薬剤 30リットル搭載)、ダンパー式梯子昇降装置
液晶モニター、電動昇降照明装置、アシストホース輅車、展開式油圧輅車昇降装置
伸縮式放水銃
特徴 ホイールベース短縮し従来の化学車よりコンパクトな車輌。
火災に応じたA又はB火災消火薬剤の使用が可能。
電動ホース輅車・油圧昇降装置等の装備により省力化が実現
シャッター内の展開式パネル装置等を利用し積載量の確保を実現

化-Ⅱ

左1右2
スペック A2級バランスタービンポンプ
1700リットル水槽、 500リットル薬液槽(B火災消火薬剤)
泡自動混合システム(A泡消火薬剤 30リットル搭載)、ダンパー式梯子昇降装置
ポンプ自動運転装置
特徴 火災に応じたA又はB火災消火薬剤の使用が可能。
シャッター内の展開式パネル装置等を利用し積載量の確保を実現

甲種

石油化学コンビナートに配備されている化学車。
大型高所放水車、原液搬送車とともに3点セットと呼ばれ、コンビナート火災に対し、大容量泡放射を可能とする装備が搭載されています。

甲種
スペック A-1級バランスタービンポンプ、2000リットルの薬液槽、電子制御自動比例混合装置、ポンプ自動運転装置、ホース輅車、ホース輅車昇降装置、ブースターリール搭載
特徴 ホース輅車、無反動放水器具、無線装置等の省力化装置を搭載することにより、省力化評価合格。通常5名で運用のところ、3名で運用可能。

ポンプ車情報

  • 消防自動車カタログ
  • 消防自動車用各種装備カタログ
  • 消防自動車・各種装備カタログダウンロード

Adobe Reader ダウンロード(無償)

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。

アイコンをクリックすると無償でダウンロードが可能です。